リング

日常使いできるか配慮を

名古屋のカップルは合理的で経済的な考え方をする傾向にありますが、婚約指輪への人気は根強いです。コスパの優れた国内ブランドが人気ですが、海外のハイブランドも人気があります。いずれにしても日常使いするかどうかを考えて買わねばなりません。

ハート

一生ものの宝物選び

結婚指輪の素材についてはプラチナが一番人気であり、素材価値が高く、白みがあります。純白の花嫁にとても似合う色や素材感といえるでしょう。最近注目されているのがジルコニウムで、カラーの変化を楽しめる素材です。金属アレルギーが起きにくく強度にも優れています。そして、チタンは金属アレルギーが起きにくく、軽いが強度に優れているのでこれも注目度がアップしています。

LOVE

基礎知識を身に付ける

名古屋エリアで婚約指輪を購入する際、まずは基礎知識を身に付けておきましょう。婚約指輪の基礎知識として、ダイヤモンドの品質基準を知っておくと指輪の価値が分かるようになってきます。また、品質の良い商品を取り扱っているショップが選べるように、ショップ自体の評価も調べておきましょう。

赤い糸

主流のプラチナの評判

結婚指輪の素材で最も人気なのはプラチナです。プラチナは純度に応じた素材の違いがあります。純度が高いほど素材としての価値はありますが、強度を求めるには他の金属が混じったpt900やpt950のプラチナでないといけません。

指輪

時代の流行がある

婚約指輪を名古屋で購入するのなら、名古屋で人気のジュエリー専門店で選びましょう。品数が豊富なところがおすすめです。というのも、好みのデザインは年齢によっても違うからです。また、流行のデザインを選ぶと無難です。

金の指輪について

男性と女性

ヨーロッパで人気

指輪だけでなくあらゆる宝飾品の素材として珍重されている金は、結婚指輪の素材としても定番の金属です。金は古今東西あらゆる文化の中で、最も価値のある金属として珍重されてきた貴金属の代表です。自然界に単体で存在しているので、精錬技術が未発達の地域でも利用できたことから、世界中の古代文明で装飾品として扱われてきた歴史があります。結婚指輪の素材としても最も古い金属の一つであり、結婚式における指輪交換の世界初の公式記録には、花婿が花嫁に金の指輪を贈る様子が示されています。空気中で錆び無い事から永遠をイメージさせ、夫婦の変わらぬ愛と絆の象徴として結婚指輪に利用されてきた歴史があります。ヨーロッパでは結婚指輪と言えば、現在でも金が根強く人気です。また、同じ金と言っても種類が豊富に存在しており、色の好みなどによって個性を出しやすいのも結婚指輪の素材に向いています。代表的なのは金の純度によって分けられるもので、金の純度が高い物から24金、18金、14金、のように表されます。金は性質上純度が高いと柔らかくなるので、指輪として利用するには純度を下げたものを使います。その代わり金としての価値が下がるので、バランスの取れた18金が最も多く使われます。一方最近人気が高まっているのがカラーゴールドという、色味を変えた金を素材にした結婚指輪です。金に混ぜる金属の種類を偏らせることにより、それらの金属の地の色を表に出させて色を変えます。代表的なのがイエローやピンクなどの色味です。基本的には18金に分類される純度の物が多いですが、ホワイトゴールドのように14金以下が主流になるカラーもあります。金でありながら一見すると別の金属に見える面白さがあり、個性的な結婚指輪にしたいカップルを中心に人気があります。

Copyright© 2018 金の素材でできた結婚指輪が人気【バランスの取れた18金】 All Rights Reserved.