主流のプラチナの評判

赤い糸

プラチナについて

現在の結婚指輪の主流素材はプラチナです。プラチナは「白金」とも呼ばれています。ただし金とはいってもゴールドとは異なる素材です。プラチナは非常に稀少な素材で、変色・変形のリスクが低く、アレルギーも起こしにくいとされています。結婚指輪の素材に使用されるプラチナには「pt900」「pt950」があり、これはプラチナの純度を表しています。pt1000は純度100%ですが、強度が弱いというネックがあるため、他の金属を混ぜて強度を高めたpt900やpt950が使用されています。また、日本ブランドではpt900が主流です。加工がしやすく、軽いということで選ばれています。これに対して国外ブランドではpt950が使用されています。高級ブランドだから良いプラチナを使用していると思われがちですが、外国では法律上でpt950以上を使用しなければいけないと決められていることが関係しており、決して質の問題ではありません。価格に関してもpt900とpt950では大きな差はありません。また、さらに強度を高めたハードプラチナという素材もあります。強度はありますが、扱うショップは少なく、加工料が高くなり、デザインも限られると言われています。純度が高いほど結婚指輪の価値もあがりますが、結婚指輪は日常使いするものなので傷がつきにくく扱いやすいpt900でも充分でしょう。何を求めるかによって変わりますが、後悔のないプラチナを選んでください。

Copyright© 2018 金の素材でできた結婚指輪が人気【バランスの取れた18金】 All Rights Reserved.